REPORT Vitz Race

TOYOTA GAZOO Racing Rally Challenge 2017 第10戦 高岡 万葉

 2017年10月8日(日)街路樹の葉も日ごとに赤や黄色に彩りを増す季節、富山県高岡市を舞台として「TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジカップ in 高岡万葉」が開催された。 4年目の開催で年々盛り上がりを見せる高岡万葉ラウンドは、規定台数の75台を上回るエントリー希望を集め、大盛況のうち開催された。

  当日は徐々に晴れ間が広がる天候に恵まれたが、午前セクションは前日の雨の影響で濡れた箇所がある難しいコースとなった。高岡市内に設定した3箇所のSS(スペシャルステージ・タイムアタック区間)を2回ずつ走行し、合計6つのSSで競われる。

 1Dayで行われるラリーチャレンジは朝早くから始まる、早朝6:00よりコースの下見となる「レキ」が行われた。 今回のドライバーは小杉選手、コ・ドライバーは柴田選手の2名、両者ともモータースポーツは初参戦であり、初めての「レキ」にコ・ドラの柴田選手は緊張を隠せない様子であった。 今回の「レキ」は総走行距離42km、三千坊SSは道路幅の広い前半のハイスピード区間を抜け名物のスイッチバックヘアピン(進行方向が鋭角的に変わる急カーブ)を越えると、狭く滑りやすい難関コースへと表情を変える。続く万葉SSは上りのストップ&ゴーのリズミカルなコースだが、側溝蓋や落ち葉など路面の変化に注意が必要となる。伏木SSは広い砂利の敷地に設置されたパイロンの間を攻めるグラベル(未舗装路)コース。深めの砂利路面が走行を重ねる度に掘られ、マシンコントロールが難しくなっていく。「レキ」ドライバーの指示にコ・ドライバーがメモをしながら「ペースノート」を作成していく工程であるが、お互い初めてのため「レキ」から戻って車載カメラの映像とノートを比較すると数カ所異なる点が発覚し、初めてのペースノート作成の難しさを体感しつつ、SSをまともに走れるのか、コ・ドラ柴田選手からは緊張と焦りが感じられた。

 「レキ」から戻ってくると「参加確認」にてゼッケンが配布される、その後「公式車検」が始まるが、エンジニア玉村君は今回で2回目ともありトラブルなく無事車検を通過した。


 高岡市長舎にて開会式ならびにドライバーズブリーフィングが行われ、今回もモリゾウ選手としてドライバーで参加している豊田章男社長が挨拶をし、参加者全員にエールを送った。

 ゼッケン順に「セレモニアルスタート」が行われ1分おき各マシンがゲートを通過しスタートしていく、そこからは「リエゾン」と呼ばれる決められたルートを、決められた時間内で一般公道を走行し、タイムアタック競技が行われる「SS区間」へ移動する。「リエゾン」は一般公道を走行する為、沿道の市民が通過するマシンに手を振ってくれるなど普段味わえない高揚感が得られる、小杉選手、柴田選手両名も緊張しつつもその光景に笑顔がこぼれる。

 初めての「リエゾン」でペースが掴めず「SS1」への到着は時間ギリギリになり、二人ともヘルメット等の装備品の装着が間に合わず、オフィシャルに注意を受ける一幕もあった。 初の「SS」に選手2名とも緊張感が高まる、過度の緊張によりドライバー小杉選手は危うくミスを起こしそうになり、コ・ドラの柴田選手もノートの読み間違いなどを数回起こしつつも何とかフィニッシュ13台中11位の結果となった。 両名とも過度の緊張からの走行後ともありヘルメットなどがうまく外せずあたふたしつつも安堵の表情を見せていた。


 安堵したのも束の間、再び「リエゾン」にて次の「SS2 万葉SS」へ向かう、またもうまくペースが掴めずにギリギリの到着になりつつも走行準備を済ませ「SS2」をスタート、走行中に小杉選手がエンジンの出力不足を訴え、タイムも伸びない、タイトコーナーではキレイにサイドターンを決めつつフィニッシュ、13台中12位での通過となった。続く「SS3 伏木SS」は多くのギャラリーが見学できるグラベルコース、深い砂利に足を取られうまく進めず、コース内のバンプも激しく両名とも宙に浮く感覚の中なんとかフィニッシュ、こちらも13台中12位での通過、今までの舗装路のターマックとは違い、未舗装路のグラベル走行の怖さを経験した。両名ともラリーという競技に慣れつつも疲れが感じられた。走行順とペース均等化の為の「リグループ」を消化し、整備を行うことができる「サービス」へ、メカニックは慣れた手つきで各部のガタ緩みが無いかの確認を行う、その最中、柴田選手も車両を確認しているとエンジンのエアホースが外れていることを発見、出力不足の原因の可能性が高く早々に修理、エンジンは回復したように思われ、昼からの「SS」に期待が持てる。


 「サービス」を終了し、再び「リエゾン」にて「SS4 三千坊SS」へ「SS1」で走行をしたコースかつエンジンの出力が回復し快調な走りを見せたがタイムは伸び悩む、結果13台中11位に留まった。続く「SS5 万葉SS」では「SS2」では成功していたサイドターンに失敗、切り返してコース復帰するミスを犯してしまう、無事フィニッシュしたが、結果はこちらも13台中12位であった。 再びグラベルコースの「SS6 伏木SS」へ両名とも当社の社長が観戦していることを発見していまい、緊張がほぐれてきていたにも拘わらず再び緊張、走行中に砂利に引っかかったフェンダライナが脱落するトラブルに驚きながらも、なんとか無事完走。 「リエゾン」後市役所へ戻り、フィニッシュ。長い一日の競技が終了した。

車両保管の後、表彰式が行われ「TOYOTA GAZOO Racing ラリーチャレンジカップ in 高岡万葉」は幕を閉じた。 初のモータースポーツ参戦であった小杉/柴田選手、最終結果はC-2クラス13台中12位、総合で完走72台中59位であった。小杉/柴田選手両名とも初めての経験に無事完走できたことに感動、「非常に貴重な経験をさせていただいた」と笑顔で語っていた、「もし機会があるなら再び参戦したい」とモータースポーツの楽しさを存分に堪能していた。

次回のレース参戦予定は10月22日(日)、「GAZOO Racing Netz Cap Vitz Race 関西シリーズ第4戦」が鈴鹿サーキットにて大イベント「SUPER FORMULA」併催で行われる。 今後も引き続き活動を行っていきますので応援とご協力をお願い致します。

◯ ラリー中の様子


・天候は晴れ間が広がる天候に恵まれ、TOYOTA GAZOO Racing PARK も開催され、朝から多くの観客が訪れた

・一般公道を走るリエゾン、町中をラリーカーが走る光景に沿道の市民も手を振り、非日常を楽しんでいる

・恒例の集合写真、皆いい笑顔を見せる


・選手二人も走行前にはいい笑顔を見せてくれた


・走行前の小杉/柴田選手両名からは緊張感が伝わってくる


・部品脱落は当チームだけではなかった


○ Facebook でも随時情報を更新していますのでこちらも「イイね」よろしくお願い致します!!
www.facebook.com/NetzFukuiRacingProject


レポート一覧へ